トレーニンググッズ トレーニングメニュー 中学生・高校生向け 大人向け 小学生向け

浅野拓磨選手のコーディネーショントレーニング

【Sports Assist You ~いま、スポーツにできること~】

日本サッカー協会(JFA)は「Sports assist you~いま、スポーツにできること~」と銘打ち、自宅でできるトレーニングやエクササイズ、コーディネーショントレーニングの紹介動画を期間限定で配信しています。

その中でサッカーができなくても取り入れることのできるコーディネーション系のトレーニングを紹介していこうと思います。


家の中でできるドリブル & パス

片手でボールをドリブルしながら前からくるボールを返しましょう

浅野拓磨選手が紹介しているのは手と足を別々に使うことでコーディネーション応力を高めるトレーニングです。

ドリブルするボールとパスするボールの位置を判断する定位能力、向かってくるパスボールに対する反応能力、手と足で異なる動作をする連結能力、一定のテンポでドリブルをするリズム能力を高めることができます。

  1. 一定のテンポを保って右手でボールをドリブルします
  2. 正面から転がってくるボールを正面に蹴り返します
  3. 一定の時間でドリブルする手の左右を入れ替えます

ボールを蹴る足を右・左で交互にすると難易度が上がります。利き手じゃない側でドリブルをするときは、パスは無理せずていねいにドリブルしましょう

パスしてもらうパートナーとふたり組で行うトレーニングだね。ひとりで壁パスでもできないことはないけれど、難易度は相当に上がるから無理しないで!


浅野 拓磨(あさの たくま、1994年11月10日 - )は、三重県出身のプロサッカー選手。セルビア・スーペルリーガ・パルチザン・ベオグラード所属。ポジションはフォワード。日本代表。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%85%E9%87%8E%E6%8B%93%E7%A3%A8
  • この記事を書いた人

渡部 ルミ

元JSBA公認プロスノーボーダー。 プロ活動をしながらJSBA公認スノーボードスクールにてインストラクターとして勤務。 また、同時にスポーツライター、スポーツフォトグラファーとしてスノーボード専門誌などで執筆。 現在はコーディネーショントレーニングトレーナーとして活動している。

おすすめ記事

1

「最近の子どもはテレビやゲーム、スマホばかり。なんだか運動神経が悪い。不器用でなにをやらせてもどんくさい」 そういった意見がマスコミや世間の声にあります。現代っ子は本当に運動神経が悪いのでしょうか。 ...

2

ストライダーをするにあたり、転倒はつきもの。というわけで、ヘルメットと同時にプロテクターを買いました。 我が家で選んだのは BELL のヒジ・ヒザ・グローブがセットになったものです。プラスチック製のカ ...

3

もくじ1 川澄奈穂美選手のコーディネーショントレーニング【Sports Assist You ~いま、スポーツにできること~】2 十字ラインジャンプ2.1 指示を素早く理解して繰り返しジャンプしよう3 ...

-トレーニンググッズ, トレーニングメニュー, 中学生・高校生向け, 大人向け, 小学生向け
-, ,

© 2021 運動神経が良くなるコーディネーショントレーニング