ストライダー

ストライダー・キックバイクのプロテクター選び ヒジパッド & ヒザパッドのおすすめ6選

ストライダーをするにあたり、転倒はつきもの。というわけで、ヘルメットと同時にプロテクターを買いました。

我が家で選んだのは BELL のヒジ・ヒザ・グローブがセットになったものです。プラスチック製のカップが付いたオーソドックスなタイプ。

2018年9月1日、あみ1歳7か月、つけるとこんな感じです。

子ども用とはいえ1歳児にはちょっと大きい……。

ヒザとヒジはゴムバンドをベルクロでつけるのでなんとかなりますが、グローブはブカブカでした。

ちょうど冬に西松屋で買ったもこもこミトンがあったので、そちらをメインで使いました。まだ暑い時期なのに手袋。ケガ防止なので仕方ないです。

プラスチックカップタイプのプロテクターの良い所はなんといっても安いこと。

楽天ビックでかなり安く売っていたので、ブリヂストンのヘルメットといっしょに購入しました。送料無料まで少し足りなかったので、和光堂の携帯用離乳食・栄養マルシェも同梱しました。

ストライダーに乗るときにはヘルメットとプロテクターが必要

さて、わたしは Instagram で『#ストライダー』をフォローしているのですが、タイムラインに流れてくるポストでヘルメットやプロテクターをしていない子どもが多いことに毎日ビックリしています。

キックバイクは死亡事故まで起きているのに、ヘルメットもかぶっていないのは危機感なさすぎてコワイです。

みなさんお願いします、お子さんにプロテクターはつけてあげてください。

とは言ってもプロテクターを付けるのをイヤがる子どもも多いです。後半のオススメ6選では履くタイプのプロテクターも紹介します。

走るスピードが遅くても速くても転ぶと痛い たぶん

ストライダーに限らず、ペダルなしバイク全般は三輪車や補助輪付きの子ども用自転車と違って、バランスをくずすとからだごと車体が倒れます。ヒジパッド・ヒザパッドなどのプロテクターをしていないと、転んだときにメチャクチャ痛いです、たぶん。わたしが転ぶわけではないですが、子どもが転んだのを見てるとけっこう痛そうです。いや、かなり痛いときもあると思います。

軽いすり傷ならともかく、皮膚がめくれるほどの擦過創や裂傷、ひどいときは骨折もありえます。

まだ2歳だしスピードが遅いからプロテクターはいらない、そう思う親御さんもいらっしゃるかもしれません。2歳といえばまだまだからだができていない時期で、骨も柔らかく未熟です。

もう4歳で上手だから大丈夫。 いやいや、そんなことはありません。スピードが出る分だけ転んだときのダメージは大きいです。

どんな子どもでもストライダーに乗るときはヘルメットとプロテクターを装着する。これは自動車に乗るときにシートベルトをするのと同様にとても大事なことです。

大会ではプロテクターの装着は義務付けられている

ストライダーの人気が高まるにつれ、日本全国で大小の大会が開かれるようになりました。

特にストライダージャパンが開催するストライダーカップやストライダージャパン公認のストライダーエンジョイカップ、全日本ランバイク選手権シリーズ(RCS)が人気です。

大会はストライダーカップやストライダーエンジョイカップの場合はストライダーでしか出場できませんが、一部をのぞいたほとんどの大会では12インチの足蹴りバイクなら出場できます。ストライダーだけでなく、足蹴りバイク・ペダルなし自転車と言われるもの全般、キックバイク、バランスバイク、キッズバイク、ランニングバイク、トレーニングバイク、ランバイクも車両レギュレーションを満たしていれば問題ありません。

ランバイクでは PAPABIKE や VANISH 、LEGIT、NORWEEなども人気があります。もちろん、GRAPHISやCannondaleなどももレギュレーションを満たしていれば出場できるので、大会開催要項をチェックしてみましょう。

ストライダーエンジョイカップは1歳半以上2歳未満のカテゴリー『よちよちクラス』もあります。1歳半で出場できる競技スポーツはほかに類を見ません。

ストライダーカップでは以下のとおりプロテクターの着用が義務付けられています。

・転倒時の怪我防止のため、肘・膝のプロテクター・グローブ(指先が露出しないタイプを推奨する)は原則着用させなくてはならない。肘・膝のプロテクターは硬質樹脂製カップ(プラスチック系素材)、または衝撃吸収性の高いパッドが付属していなくてはならない。

https://www.strider.jp/cup/assets/images/Regulation.pdf

ストライダージャパンのオフィシャルプロテクターもあります。オフィシャルとはいっても、ストライダーカップやストライダーエンジョイカップのときはこのプロテクター以外は禁止されているわけではないので、あくまでも選択肢の1つとして考えると良いでしょう。

プロテクターを選ぶときの注意

ストライダーのプロテクターを選ぶときや購入するときにはいくつか注意しなくてはいけない点があります。

何より大切なのは安全性ですが、同時に動きやすさも重要です。

プロテクターのサイズ フィット感

我が家は試着もなしで楽天の通販で購入したので、見事にサイズが合いませんでした。

通販で購入する場合には、レビューで何歳の子にフィットしているのかしっかりチェックすると良いでしょう。もちろん実店舗で試着するに越したことはありませんが、小さな自転車店などはパッケージングされていて試着用はないこともあります。お店の人にサイズ感を確かめましょう。

材質はソフトシェルか、ハードシェルか

プロテクターの材質もチェックしたいポイントです。

オススメしたいのは断然ソフトシェルです。ストライダーで走るときに違和感が少ないのは、走行時のパフォーマンスを発揮するのに大切なことです。

ハードシェルは価格が抑えられているものが多く、コストパフォーマンスが高いという点で優位です。

通販では納期に注意 海外から送られてくる場合も

楽天やAmazonの通販で購入するときには、注文してから届くまでの納期に注意が必要です。

送料無料で安いプロテクターに飛びついたら、商品が届くまでに1か月かかった! なんていう話は最近多く見られます。商品の在庫は日本にはひとつもなく、注文があったときに中国や台湾から国際郵便で発送するというパターンです。

来週末に大会があるのにプロテクターが間に合わない! なんていうことにならないよう、納期には十分注意が必要です。

セット内容を確認しよう

販売されている商品は、ヒザもしくはヒジの左右セット、ヒジとヒザのセット、グローブのついたセットなど、商品によって構成が異なります。

ヒジとヒザ、両方のプロテクターがほしい場合には商品構成を確認しましょう。

ストライダーにはリストガードがいらない その理由は?

スケートボード用のプロテクターではリストガード(手首のプロテクター)がセットになっている場合があります。

リストガードは手首を捻挫しにくくなるというメリットがありますが、リストガードが支点になって手の甲や腕の骨折につながるというデメリットがあることを覚えておいてください。子どもの骨は大人が思っている以上に柔らかいです。

余談になりますが、スノーボードでも基本的にリストガードはしません。転んだときに手をつくと捻挫や骨折などの怪我を負う危険が高いからです。

転んだときに手をつかず、からだで衝撃を受け止める転び方を覚えるのが重要です。

年齢に応じたおすすめプロテクター6選

それでは実際にどのプロテクターが良いのかオススメを紹介します。

1歳半から2歳の子どもにオススメのプロテクター

1歳半から2歳の子どもはまだまだからだが小さく、フィットするプロテクターも限られています。ストライダー・ランバイクのプロテクターにおいては、大は小を兼ねません。

ストライダーオフィシャルグッズのエルボー & ニーパッド プロテクター

ストライダージャパン公式ショップでも販売しているオフィシャルプロテクターです。公式サイトで販売しているだけあって、はじめてのプロテクターはこちらを選ぶ人が多いです。

からだの小さな子にもフィットしやすく、シンプルな色なのでどんな服や車体にも合わせられるのがうれしい点です。

2点セットとありますが、ヒジかヒザのどちらかという意味ではなく、左右のヒジと左右のヒザの4点セットです。

Simply Kids 軟式プロテクター Sサイズ(2-4歳)

ソフトシェルでカラフルなパターン展開がおもしろいプロテクターです。ヒジ・ヒザ・グローブの6点セットで、S・M・Lのサイズが展開されています。

ネオプレーン素材のアウトシェルにウレタン製のパッドを内蔵しており、パッドをはずして洗濯することもできます。

我が家でいま使っているのがこちらで、どんな服でも合わせられるようにブラックにしました。ST-R の車体といっしょの赤や OCF のホイール MACH VIT FRY といっしょのピンク迷彩もよかったなぁと思っています。

シンガードもついた二代目もありますが、ストライダーにはシンガードは必要ないと思うので、初代の方がコストパフォーマンスも良く、オススメです。

シンプリーキッズ
¥2,980 (2021/05/16 22:58時点 | Amazon調べ)

『この出品者から2点購入すると、6%割引』と表示されますが、1点でも15%安くなるディスカウントクーポンがあるので、クーポンを使うのを忘れないようにしてください。

Copyボタンでプロモーションコードをコピーできます。

SIMPLYKIDS15

ヒジパッド、ヒザパッド、グローブのセットで3,000円未満になるのはお買い得だと思います。

3歳4歳5歳のオススメ

3歳をすぎるとからだがだいぶしっかりしてくるので、プロテクター選びでも選択の幅が広がります。

Simply Kids Mサイズ(4-8歳)

上で紹介したソフトシェルプロテクターのサイズ違いです。男の子ならマリン迷彩や雪迷彩がいいかもしれません。

シンプリーキッズ
¥2,980 (2021/05/16 23:00時点 | Amazon調べ)

もちろんMサイズでもディスカウントクーポンが使えます。

Copyボタンでプロモーションコードをコピーできます。

SIMPLYKIDS15

BELL ベル キッズプロテクター3点セット

1歳7か月のあみには大きかったプロテクターですが、3歳になってからだが大きくなったらきちんと装着できるようになりました。

ヒザとヒジとグローブの6点セットで、かわいい色やクールな柄があるので選びがいがあります。アナと雪の女王やミニーマウス、カーズのライトニングマックイーン、スパイダーマン、パウパトロールなどのキャラクターコラボが豊富にあります。プロテクターをイヤがる子も大好きなキャラクターのものなら付けたくなるかもしれません。

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥1,650 (2021/07/26 03:40時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

イヤがる子や大会出場の場合は履くタイプ

プロテクターを付けることをイヤがるお子さんの場合には、筒状で履くタイプのプロテクターがおすすめです。

大会に出場する本格派のキッズも、転んでもはずれない履くタイプのプロテクターは人気があります。

小さな子の場合、トイレに行くときははずさなくてはいけないので、早め早めにトイレに行くことをオススメします。

GOSK8 プロテクター

GOSK8 プロテクターは履くタイプでコストパフォーマンスの良いプロテクターです。

XSとSがありますが、幼児にはSサイズがおすすめです。

Victoria Surf&Snow 楽天市場支店
¥1,925 (2021/07/26 03:40時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

G-form

ランバイク競技者の間ではいちばんと言っていいくらい人気のプロテクターで、ストライダージャパン公式ショップでも販売されています。

衝撃を受けたときだけ硬くなる ORON XRD 素材で、装着感と安全性には定評があります。バンドやテープで下を留めるとずり落ちにくくなります。洗濯ネットに入れて洗濯機で洗濯できます。

SIGNAなどの中国ブランドを個人輸入

SIGNA は履くタイプのプロテクターで、中国の通販モール AliExpress 経由で個人輸入できます。G-form に比べて格段に安いので、大量に輸入してメルカリで転売する人がいるようです。

AliExpress ではその他にもたくさんのプロテクターが販売されています。まとめて購入してメルカリやラクマで新品を出品している人がいますので、個人輸入が不安な方はフリマサイトも検討するといいかもしれません。

まとめ

ヒザやヒジを守るプロテクターの重要性とその選び方について、実体験を交えながらお伝えしましたがいかがでしたか。

いまは4歳0ヶ月になったあみですが、基本は Simply Kids のSサイズ、ときどき気が向いたら G-form や SIGNA の履くタイプを着用しています。気分によって変わるので、いつも二組持ち歩くのが邪魔ではあります。それでもケガ予防のためならそのくらいは許容範囲かな? といったところです。

おすすめ

ストライダーに乗るならプロテクターだけでなくヘルメットもかぶりましょう。

ストライダー用キッズヘルメット年齢別おすすめランキング!正しい選び方もチェック!|ストマガ

  • この記事を書いた人

渡部 ルミ

元JSBA公認プロスノーボーダー。 プロ活動をしながらJSBA公認スノーボードスクールにてインストラクターとして勤務。 また、同時にスポーツライター、スポーツフォトグラファーとしてスノーボード専門誌などで執筆。 現在はコーディネーショントレーニングトレーナーとして活動している。

おすすめ記事

1

「最近の子どもはテレビやゲーム、スマホばかり。なんだか運動神経が悪い。不器用でなにをやらせてもどんくさい」 そういった意見がマスコミや世間の声にあります。現代っ子は本当に運動神経が悪いのでしょうか。 ...

2

ストライダーをするにあたり、転倒はつきもの。というわけで、ヘルメットと同時にプロテクターを買いました。 我が家で選んだのは BELL のヒジ・ヒザ・グローブがセットになったものです。プラスチック製のカ ...

3

もくじ1 川澄奈穂美選手のコーディネーショントレーニング【Sports Assist You ~いま、スポーツにできること~】2 十字ラインジャンプ2.1 指示を素早く理解して繰り返しジャンプしよう3 ...

-ストライダー
-

© 2021 運動神経が良くなるコーディネーショントレーニング