1歳・2歳向け トレーニンググッズ トレーニングメニュー ロコモティブ対策 幼児向け

その場でジャンプ


Part 2 拍手をしながらジャンプ

その場でジャンプしながら拍手をしてリズムをとりましょう

  1. その場でジャンプをします
  2. ジャンプに合わせて胸の前で拍手をします

胸またはおへその前でジャンプと同じリズムで手を打ってみましょう。その場でジャンプできるまではゆっくりのテンポでやってみましょう。


Part 3 拍手をする手を上下しながら足踏み

その場で足踏みしながらリズムをとり、”前・右・前・左” と繰り返して拍手をしてみましょう

  1. その場で一定のリズムで足踏みをします
  2. 胸の前で拍手をしながら足踏みします
  3. 一歩目は体の前で手を打ちます
  4. 二歩目に右肩のあたりで手を打ちます
  5. 三歩目は体の前に戻して手を打ちます
  6. 四歩目は左肩のあたりで手を打ちます
  7. 次の一歩は体の前に戻り、”前・右・前・左” を繰り返します

拍手をする手に合わせて顔が動くと足踏みの位置がずれやすいので、しっかり正面を見ましょう


Part 4 三拍子で足踏み

その場で足踏みしながら三拍子でリズムをとり、手を左右させて拍手をしてみましょう

  1. その場で一定のリズムで足踏みをします
  2. 胸の前で拍手をしながら足踏みします
  3. 一歩目は体の前で手を打ちます
  4. 二歩目に右肩のあたりで手を打ちます
  5. 三歩目は左肩のあたりで手を打ちます
  6. 次の一歩は体の前に戻り、”前・右・左” を繰り返します

グループ

三拍子が取りづらい場合は、童謡『ぞうさん』を歌いながらやってみましょう。


足踏みと同様に40cm 前後のスピードリング・けんけんぱリングを持っている場合には、リングの中でジャンプができるようにがんばろう! リズムのテンポを速めることよりも、同じ位置で運動することを優先するといいよ!

  • この記事を書いた人

渡部 ルミ

元JSBA公認プロスノーボーダー。 プロ活動をしながらJSBA公認スノーボードスクールにてインストラクターとして勤務。 また、同時にスポーツライター、スポーツフォトグラファーとしてスノーボード専門誌などで執筆。 現在はコーディネーショントレーニングトレーナーとして活動している。

おすすめ記事

1

「最近の子どもはテレビやゲーム、スマホばかり。なんだか運動神経が悪い。不器用でなにをやらせてもどんくさい」 そういった意見がマスコミや世間の声にあります。現代っ子は本当に運動神経が悪いのでしょうか。 ...

2

ストライダーをするにあたり、転倒はつきもの。というわけで、ヘルメットと同時にプロテクターを買いました。 我が家で選んだのは BELL のヒジ・ヒザ・グローブがセットになったものです。プラスチック製のカ ...

3

もくじ1 川澄奈穂美選手のコーディネーショントレーニング【Sports Assist You ~いま、スポーツにできること~】2 十字ラインジャンプ2.1 指示を素早く理解して繰り返しジャンプしよう3 ...

-1歳・2歳向け, トレーニンググッズ, トレーニングメニュー, ロコモティブ対策, 幼児向け
-

© 2021 運動神経が良くなるコーディネーショントレーニング