トレーニングメニュー ロコモティブ対策 中学生・高校生向け 大人向け 小学生向け 幼児向け

あとだしじゃんけんぽん

Step 1 あとだしじゃんけん

あとだしじゃんけんでがんばって勝ち続けましょう

  1. 二人以上で行います
  2. 「じゃんけんぽん」のかけ声で、親が先にグー・チョキ・パーのいずれかを出します
  3. 親は出した手をそのままにし、子は「ぽん」と言いながら後出しで勝ちになる手を出します

はじめはゆっくりのスピードでいいので、必ず勝ちを出せるようにしましょう。「じゃんけんぽん・ぽん」とリズムを作りましょう


Step 2 あとだし負けじゃんけん

あとだしじゃんけんでがんばって負け続けましょう

  1. 二人以上で行います
  2. 「じゃんけんぽん」のかけ声で、親が先にグー・チョキ・パーのいずれかを出します
  3. 親は出した手をそのままにし、子は後出しで負けになる手を出します

「じゃんけんぽん・ぽん」とリズムを作り、 負けを連続で出せるようになったらどんどんスピードを上げましょう


Step 3 足であとだしじゃんけん

足であとだしじゃんけんでがんばって勝ち続けましょう

  1. 二人以上で行います
  2. 「じゃんけんぽん」のかけ声で、親が先に足じゃんけんでグー・チョキ・パーのいずれかのポジションをとります
  3. 親は足をそのままにし、子は「ぽん」と言いながら後出しで負けになるようポジションをとります

親は手でグー・チョキ・パーでも問題ありません


Step 4 足であとだし負けじゃんけん

足であとだしじゃんけんでがんばって負け続けましょう

  1. 二人以上で行います
  2. 「じゃんけんぽん」のかけ声で、親が先に足じゃんけんでグー・チョキ・パーのいずれかのポジションをとります
  3. 親は足をそのままにし、子は「ぽん」と言いながら後出しで勝ちになるようポジションをとります

わざと負けるのは難しいものです。足でならなおさらですね。リズムを上手く作れればコーディネーション能力は格段に向上します

Step 5 足であとだし勝ち負けじゃんけん

足であとだしじゃんけんでがんばって勝ち、続いて負けのポジションをとりましょう

  1. 二人以上で行います
  2. 「じゃんけんぽん」のかけ声で、親が先に足じゃんけんでグー・チョキ・パーのいずれかのポジションをとります
  3. 親は足をそのままにし、子「ぽん」と言いながら後出しで勝ちになるようポジションをとります
  4. 子は続けて「ぽん」で負けのポジションに移行しましょう

はじめはゆっくりのスピードでかまいません。「じゃんけんぽん・ぽん(勝ち)・ぽん(負け)」とリズムを作りましょう。

「じゃんけん・ぽん(負け)・ぽん(勝ち)」と逆のパターンもやってみてね

普通の手でのじゃんけんでも同じようにやってみましょう。脳のトレーニングになります

  • この記事を書いた人

渡部 ルミ

元JSBA公認プロスノーボーダー。 プロ活動をしながらJSBA公認スノーボードスクールにてインストラクターとして勤務。 また、同時にスポーツライター、スポーツフォトグラファーとしてスノーボード専門誌などで執筆。 現在はコーディネーショントレーニングトレーナーとして活動している。

おすすめ記事

1

「最近の子どもはテレビやゲーム、スマホばかり。なんだか運動神経が悪い。不器用でなにをやらせてもどんくさい」 そういった意見がマスコミや世間の声にあります。現代っ子は本当に運動神経が悪いのでしょうか。 ...

2

ストライダーをするにあたり、転倒はつきもの。というわけで、ヘルメットと同時にプロテクターを買いました。 我が家で選んだのは BELL のヒジ・ヒザ・グローブがセットになったものです。プラスチック製のカ ...

3

もくじ1 川澄奈穂美選手のコーディネーショントレーニング【Sports Assist You ~いま、スポーツにできること~】2 十字ラインジャンプ2.1 指示を素早く理解して繰り返しジャンプしよう3 ...

-トレーニングメニュー, ロコモティブ対策, 中学生・高校生向け, 大人向け, 小学生向け, 幼児向け
-

© 2021 運動神経が良くなるコーディネーショントレーニング